抜け毛に悩む人のための治療薬!プロペシアについて

AGAは男性の深刻な悩み

男性の身体に関する悩みはさまざまですが、中でも多くの人が経験するのがAGAです。

AGAは、日本語で男性型脱毛症と言います。皮膚病など他の疾患とは無関係に抜け毛が増える現象で、中年以降の男性に多く見られます。人によっては、思春期を過ぎた辺りから早くも発現することがあります。毛が抜けるのは主に頭頂部や額の生え際で、スピードに個人差はありますが何も手を打たずにいると確実に進行します。

現在では医学的な治療法が確立

AGAの改善を目指すには、以前は生薬を原料とした市販の育毛剤などに頼るほかはありませんでした。しかし最近では、医療機関での治療が可能になっています。

医療機関では、主に薬物を使ってAGAの改善を目指します。その際、よく用いられるのがプロペシアという薬です。プロペシアは、2005年に国の承認を受けて発売が開始された時は「飲む毛生え薬」として非常に話題になった内服薬です。

プロペシアとはどんな薬か

AGAによる脱毛は、体内にある男性ホルモンの一部がジヒドテストステロンという物質に変性し、毛根に働きかけることで起こることが分かっています。プロペシアは、このジヒドテストステロンを生み出すきっかけとなる酵素の働きを阻害することで抜け毛を防ぎ、毛髪が健康に成長するのを助けます。製薬メーカーの発表によれば、1年間連続服用した人の98%がなんらかの効果を実感したとされています。

手に入れるには処方箋が必要

プロペシアは、医師の処方箋が必要な薬です。街中にあるどの医療機関でも扱っているわけではありませんが、都市部では比較的容易に入手できます。たとえば新橋です。男性サラリーマンが多く集まる街として知られる新橋には、プロペシアを扱うクリニックがたくさんあります。

新橋のプロペシアとは、新橋駅前にあるクリニックにて男性型脱毛症の患者に処方される薬のことを指します。