臭いわきがはこうして防ぐ!悪臭のメカニズムを理解しよう!

わきがの定義と発生原因

わきがは体臭の一種で、汗腺の一種であるアポクリン腺から分泌された体液が原因です。アポクリン腺は人体の中でもわきの部分に多いことからわきがの名称が使われていますが、稀に乳首や陰部にもアポクリン腺が形成されることがあります。また、アポクリン腺から分泌された体液そのものは殆ど臭気が無く、表皮や体毛に付着している雑菌が体液を分解することで特有の悪臭が生じます。そのため、日頃から体を清潔に保つことで悪臭を抑えることが可能です。わきがは年齢や性別に関係無く誰でも発症する可能性がありますが、特に新陳代謝が活発な若年層ほど悪臭が強くなる傾向があります。中高年層でも体調不良による発汗量の増大がわきがに繋がるので注意が必要です。

わきが治療による体への影響と衛生管理

わきがへの対処は体液の発生源であるアポクリン腺の除去が最も確実ですが、その一方で大掛かりな外科手術を行うことになるので体への負担が大きい点を注意する必要があります。手術痕が残ってしまうこともあるので、処置を施す際は慎重に判断することが大切です。汗腺の働きを鈍くする薬剤を注入する方法もありますが、効果を継続させるためには定期的に投与を行う必要があるので金銭の負担が大きくなってしまう欠点があります。また、個人の体質によっては効果が低い点も併せて注意します。わきがはアポクリン腺から分泌された体液が雑菌に分解されることで発生するので、こまめに体を洗って清潔に保つことで悪臭を軽減させることが出来ます。市販の制汗剤で体液の分泌を抑えるのも効果的ですが、過度の使用はかぶれや炎症などの不具合に繋がる可能性もあるので健康状態を考慮しながら慎重に対処することが重要になります。

わきがの臭いは、脇の下にあるアポクリン汗腺から出る汗を皮膚常在菌が分解(醗酵)することで発生します。最近では、防臭効果が高いと評判のクリームが販売されいます。